| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「鬼の小林塾」は最後の思いやり

石川竜也選手の負傷について(オフィシャル)

石川君、一足先に今シーズン終了である・・・。おつかれー。来季はどこにいるんでしょうかね。
2009nack5



山形、練習試合で完敗「天皇杯もやられる」(日刊スポーツ)
小林監督、消化不良に不満…山形(スポーツ報知)

小林監督は試合後に選手を集め「もっと勝ち気にいかんと天皇杯もやられるぞ。(J2に)落としたのはあなたたちやろ。『J1で3年やれたから良かった』じゃねーだろ。そこんとこ、よく覚えておけよ」と一喝。

監督言うねー。そうそう。「あなたたち」であり、「あなた」である。はたまた、サポートが足りなかった「わたしたち」でもある。

天皇杯の次戦は京都。今シーズンは若手にシフトし(せざるを得なかった?)、序盤は調子が出なかった京都。しかし最近4バックにして調子が良く、リーグ戦目下5連勝中なのだ。

J2相手には負けられないとか、負けるはずがないとか、上から目線はチャンチャラおかしいヤマガタン。来季はJ2なのだから(涙) コバさんの言うとおり、ほんとにやられる可能性があると思う。。

そして連戦で続くはリーグ戦、福岡戦。いわゆる、ビリ決定戦である。
個人的には、ビリでもブービーでも降格は降格なのでどっちでも良い。ただ、負けたくはないよねー。
福岡の前節、清水戦を見たところ、結果はドローだが圧倒していたのは福岡。決定機ラッシュ。とにかくシュート。外しまくりという見方もあるけど、正直見ていて楽しかったわ。ここもほんとに、やられる可能性があると思う。

降格決定後、ホームで2連敗なんてことになったら・・・日頃おとなしいヤマガタンサポも黙っちゃいないだろうなあ。
booo
結果関わらず、既に騒ぐこと決定してるかもしれないけどね。。

そのために観客多数動員したりして(笑) ←まーそれはないだろうけど(汗)

「サポータープレゼンツマッチ ~フロントに物申す!編~ アビスパ福岡戦」とか銘打ったらいけんじゃね?w

半分冗談で半分本気である。


「点の取り方は良いけど失点が…ねえ。こっちが『ああしろこうしろ』って言わんと動けんもん」と厳しい言葉を並べた。

ここは一言物申したい。

それは、あなたの日頃の行いの成果でもある。公式戦でもサイドラインギリギリでやんやと、身振り手振りで指示してるじゃないですか。集音マイクに拾われるくらい大きな声で、凄く戦略的な指示をね。12人目のプレーヤーのごとく。(心強かった反面、この状況を危惧してた)
kobasan02
「慣れ」って怖いもので、言わなきゃ何も出来なくなってる現状は日頃の成果、多大にあるね。

だから選手のせい、だけにはできない。


とは言ってもだ、このコバさんの鬼の豹変振りも含め、総じて、最後の小林塾なんだろうよ。思いやりなんだろうよ。

心を鬼にして、最後のメッセージなんだと思うよ。


ここで腐ってちゃー、プロ失格。
選手には意地を見せてもらいたいものだよ。


daimon

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
スポンサーサイト

| 記事etc... | 01:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

型にはめる弊害

山形低迷脱出に「とにかくシュート打て」

・・・。

感想1:おいおい、プロだろ。シュート打て、って小学生かよ。

感想2:甲府が昇格組みだから、とか関係ないから。そういう思いが災いの元なのだよ。

感想3:『ここ数試合の会見で小林伸二監督(50)は「とにかく打たないと。消極的なのか、パスを出したり、ためらっている印象がある」』 そりゃないぜ。なんか責任転嫁臭も若干・・・。そうできるように意識付けお願いします。


山形クオリティーでは、ある程度「型にはめないと通用しない」

監督がそんな風に思っていても不思議はない。(仮定のお話)

だけど選手からしたらどーなんだろーねー。

型にはめられるあまり、自由を奪われていたりしないのかねー。

ここはシュートじゃない。サイドに展開しないといけない・・・。

カッチリ型にはめられる中、"想定外"の出来事が起きると。

あれ。あれれ。こんなはずじゃない。

アタフタアタフタ・・・。

「考える癖」がなく「マニュアル通り」だから、そんな時にすぐテンパッて対応できない。

少なからずあると思うねー。

強いチームは、ピッチ内に精神的支柱、ピッチ内の監督がいるもの。

そこだよねー。


サッカーに限らず、社会でも同じこと言えるねー・・・。


ちなみに、監督批判ではありませんのであしからず。
今の山形があるのは彼のおかげ、彼に勝る適任者は今のところ思いつきません。
あくまで、「バランス」が気になっただけなのです。

プロですから、そんな少しの意識付けがあれば・・・できる子なのです。

信じてあげることです。
責任転嫁しないことです。
モチベーションを上げてあげることです。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 00:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

総集編とかフィードバック

モンテな県内ニュース動画をアップしてくださる方。

それをブログアップしてくださる方。

ありがとうございます。感謝です。


丸パクリと言うなかれ、数少ない、当ブログからのモンテ情報ゲッターへ、フィードバックです。

これも全てはモンテ情報共有のため(笑)


※YouTubeサイズで見たい方は画像上部のリンクをクリッククリック。

20101210 YBC モンテとGO!第62、63回 MVピ


20101210 YBC モンテとGO!2010総集編 1


20101210 YBC モンテとGO!2010総集編 2


20101207 YTS 「小林監督インタビュー」


うおおおお。小林監督が頼もしすぎる。ついていきます。

そして、国立うぃる、したい。。



ラスト、ハセブログは意外に面白いw
長谷川悠ブログ
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 01:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゆーゆーゆーの

酒田米菓です(山形限定ネタ?)

じゃねーよ。

はっせがわ ゆー

ブログ開始です。
長谷川悠オフィシャルブログ
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 01:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鹿島戦の見どころ

・田代、増田はスタメンか。

・モンテは勝つのか。

・鹿島はACLを決めれるのか。

・田代、増田を残すには鹿島はACL出れないほうがいいのか?

・さりげなく石川が活躍するか。

・最後の最後でハセが決めるか。

・モンテはフェアプレー賞獲得なるか。

・試合後の田代と増田のアクションから感じるものはあるか。

・雪は降るのか。そしてオレンジボールが登場するのか。

・財前をスタンドで発見できるか。

・理事長はテンパらずに最後の挨拶ができるか。

エトセトラ。。。


鹿島の調子は下降線(だがACL賭けて本気度MAX)気味。
モンテは内容充実。
チーム力に差はあれど、そんな現状は確かだ。

意外に面白い戦いになると、期待も込めて思ってる。

結果も大事だが、より内容に注目したい。


最後に、、、

田代も増田も。
・実は山形のサッカーにフィットしまくっていることに気づいてるか?

全試合出場が目標だったよな?>増田

スタメン取りきれず他所行っていいのか?>田代

もう1年山形がベストチョイスだ。まちがいない。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

監督ランキング(ネタバレ御免)

今週のサッカーマガジン。

「J1リーグ全18クラブ 監督ランキング!」

サブタイトルは・・・

小林監督の用兵術は随一

フフフ。異論ございません、ええ。

その順位、4位。納得だわな。

1位 ストイコビッチ
2位 レヴィー・クルピ
3位 オズワルド・オリヴェイラ
4位 小林伸二
5位 長谷川健太
6位 ペトロヴィッチ
7位 西野朗
 ・
 ・
 ・

ランキング上位の中で、4位の小林監督は異彩を放つかもしれない。順位は昨季と同様の12位(記事の時点で)。しかも32節で残留を決めるという、際どい戦いを強いられた。ただ、経営基盤、脆弱な選手層を考慮すれば、2年連続で残留を果たしたことは、称賛すべきものだ。とりわけ、選手個々の能力を引き出しつつ、組織の昇華させる手腕は凡百の指揮官を引き離していた。

きもちいい(笑)

監督、頼みます来季も。

明日から12月。例年なら明日あたりからいろいろ発表もあるわけだけど。。

今年のチームはまだまだ見ていたいねえ。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 20:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

田代ゴール

田代の跳躍力もさることながら、

モンテの左サイドの崩し。

秀逸。

田代、手で「10(ゴール目)」って作ってる?!

さすがモンテのNo.10!



もっと大きくはこちら↓
2010 J1 FC東京vsモンテディオ山形 田代ゴール(YouTube)

2010 J1 FC東京vsモンテディオ山形 試合終了後(YouTube)

上げてくれた人ナイス。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オフィシャルホームページ

2010 J1な各チームのオフィシャルホームページ。

01.モンテディオ山形
02.ベガルタ仙台
03.鹿島アントラーズ
04.浦和レッズ
05.大宮アルディージャ
06.FC東京
07.川崎フロンターレ
08.横浜Fマリノス
09.ベルマーレ平塚
10. アルビレックス新潟
11.清水エスパルス
12.ジュビロ磐田
13.名古屋グランパス
14.京都サンガF.C.
15.ガンバ大阪
16.セレッソ大阪
17.ヴィッセル神戸
18.サンフレッチェ広島

ウチの・・・来季に向けた補強ポイントじゃないか。。

時代に沿う形でもう少しどうにかならないのか。

ダントツいけてない^^;

J1 3年目に期待だ。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 22:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

No.10

似合ってきたぜい。

モンテのNo.10

20101127_01

来季も頼む。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リベンジじゃ

どれ、祝残留ムードもそこそこに、きりかえっがっす。


次は東京戦。味スタ。

んだスタでは0-3完敗。これぞ完敗。まさに完敗。ホームで完敗。

力の差をまざまざと見せ付けられ、太刀打ちできず。

覇気も感じられぬ状態で完敗。

悔しかった。


しかし既に半年以上前の記憶。

システムも今とは違う。

こっちは残留も決まってノープレッシャーだ。


借り返すぞ。
めっちゃ応援したる。
気合満点でたのんまっせ。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

京都戦ダイジェスト動画

見逃した方。チェックしとかないと。

いねーか。

上げてくれた京都サポの方ナイス。

2010.11.23-kyoto.sanga-32-digest-1(YouTube)

2010.11.23-kyoto.sanga-32-digest-2(YouTube)

2010.11.23-kyoto.sanga-32-digest-3(YouTube)

2010.11.23-kyoto.sanga-32-digest-4 (YouTube)

2010.11.23-kyoto.sanga-32-digest-5(YouTube)

2010.11.23-kyoto.sanga-32-digest-6(YouTube)

2010.11.23-kyoto.sanga-32-goal scene(YouTube)
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 01:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

防寒対策万全でNDスタへGO

この時期の山形で19時半KickOffとは鬼だ^^;

この記事を読んだら凄く行きたくなった。。
現地には行けないんだけど・・・^^;

まあ、記事は泣けるで。
明日は、山形県民応援デー! 全県民の力でモンテディオ山形に勝利を!(オフィシャル)

=====抜粋=====
山形県民の皆様、明日の京都サンガF.C.戦は山形県民応援デーです。

* 2010J1リーグ戦第32節 モンテディオ山形vs.京都サンガF.C.
開門17:30、キックオフ19:30
NDソフトスタジアム山形

11月20日に開催されたアウェイのジュビロ磐田戦は、決定機を数多く作り出しながらも、最後の精度に欠き、スコアレスドローに終わった。しかし、日本代表の前田遼一選手やジウシーニョ選手といった強力な選手にしっかりと対応し、無失点に抑えたのは成果と言える。
11 月14日のセレッソ大阪戦から始まった、2週間で6試合というハードな連戦の中でも5試合目に当たる今節は、すでに降格が決定している京都サンガF.C. との対戦。現在、モンテディオ山形は勝ち点37の14位。降格圏であるヴィッセル神戸との勝ち点差は僅かに6。もし、神戸が2連勝し、山形が2連敗となれば、FC東京の成績いかんで、降格圏に落ちてしまうこともあり得る。一方、今節で勝利を手中に収めることができれば、神戸が勝っても勝ち点差は変わらず、ほぼ残留を決定づけることができるという大事な一戦だ。
山形の今年の総予算は13億円ほど。他のクラブが倍以上の予算規模を持つ中で、同程度の予算を持つ湘南ベルマーレがすでに降格を決定していることを考えれば、この位置にいることが“当たり前”でないことは、容易に想像出来るだろう。
では、どうして山形は成長を見せながら戦えているのか。
クラブ関係者はあるインタビューでこう言っていた。「選手とチームスタッフが120%の準備をして、試合に臨んでいるからだと思います。相手の戦力・戦術をスカウティングして、試合までに何度もミーティングを重ねます。練習の一つ一つをとっても、全て次の試合に向けた意味があるんです。その一つ一つをきちんとマジメに積み重ねているからこそ、今この順位にいれるんだと思います。」
また、広報はこんなことを話していた。「サポーターの方々の後押しもとても大きいと思います。広報という立場にいると選手達の本音が聞こえるんですよ。山形というチームは、もちろんまだ強豪と言えるわけではないので、当然負けることも多いわけですよ。選手達は自分の中で敗戦を消化しきれていないこともあるから、負けると人に会いたがらないんですが、試合の次の日も練習があるから人に会わなきゃいけない。そんな時に「頑張って!」「次!」という励ましの言葉を聞くらしいんですが、それが「サイン書きながら泣きそうなぐらい嬉しい時がある」って言っています。あと、試合中でも「サポーターの方々の後押しがあるから、もう少し!あと一歩!というところでがんばれている」と言っていた事もあるので、とても大きな力になっていると思います。」
そうした、一人一人の思いがクラブを強くしているのが、山形だ。
今回の京都サンガF.C.戦は19:30キックオフという山形では異例の開催時間。しかし、これを勝利で飾ることが出来れば、目標としている「J1定着」に向け大きな一歩が踏み出せる。そのためには、県民の大きな後押しが必要であることは言うまでもない。
明日の京都戦は山形県民応援デー。山形県民の総力が試される戦いだ。
==============

頑張れ山形県民!
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 14:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

勝つぞ!

さて明日だ。

勝つか負けるか、「天と地」ほど違う一戦だ。

神戸が引き分けならうちは勝ちで決まり・・・とか

神戸が負けたらうちは引き分けでもOK・・・とか

東京も絡んでごにょごにょごにょ・・・とか

シカッティング。

関係ない。

気合満点で圧倒して勝てーい。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モンテの頑張り

走り勝ってるよね、モンテ。

ジュビロ戦も川崎戦も。

終盤になりその差が顕著に現れ、中盤で相手を挟んで取る。

連戦で大変だろうに昨日のその気迫は少々感動して見てた。


最後の精度はまだまだだけど、ボール奪取力や展開力など、
去年からは比べものにならないくらい上手くなってるなあ。

そんな頑張りを見に京都戦行きたい・・・
しかし19時半KickOffじゃ行けん・・・

大宮vs神戸でも見に行こうかな^^
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 18:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大一番

さて、大一番である。

なんとしても勝ち点が欲しい大一番である。

・コバさんベンチ外な長嶋モンテ。
・120分死闘後、静岡直行、中2日でアウェイなモンテ。

「監督不在が響いた、連戦でキレを欠いた、、、降格危機」

ネガディブなネタ満載のトークではなく、

「逆に選手が一致団結、体力を川崎戦勝利の精神が上回り、残留大手」

そんなポジティブなネタ満載となるようお願いしたい。

いざ活字にしてみて、(当然だが)そんな天と地ほどの差がある大一番なんだと再認識。

精神論上等、気合だ。

選手はやってくれるに違いない。



話代わり、天皇杯準々決勝清水戦がユアスタ→アウスタに変更になっている件。
結論的に、カード決定後ホーム&アウェイの逆転現象・・・。
におうなあ・・・^^;
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 10:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トリプルヘッダーから学ぶ

(初めてタイマー機能を使ってみる)

前節C大阪戦、対戦カード、そしてそこにリンクする友人と調整できたことから、実はトリプルヘッダーした(笑)

そうだサッカー馬鹿だ。

1.名古屋vs大宮
2.山形vsC大阪
3.新潟vs神戸


新潟vs神戸から感じたことがいくつか。

■とにかく必死
良いか悪いかは別にして、残留がかかる神戸、縦に早い。
そしてシュートの意識がすこぶる高い。特にポポ。
キャプテン翼状態。ゴールが見えたらシュートだ。
論外なシュートも多々あれど、やはりあれだけ強烈なシュートを連発されるとディフェンスは嫌だろう。
飛び道具な外人がいると結論重視になる、そんな残留争いサッカー。
積み上げてきたことが何か?全然伝わらないサッカーだ。。
そこは今のモンテには真似できないが(別にしたくもない)、
あの「気迫」は今のモンテには若干欠けているかもしれない。やらないと。

■マルシオは反則級
「現状5000万いってないようだし、2億出されたら引き抜かれても文句言えない・・・」
とは新潟サポ友人談。
「0円移籍じゃ取られる側はメリットなし・・・お互いに良い仕組みはないものか。。」
これも友人サポ談。
仰るとおり。同感。

それにしても2億評価なパフォーマンス。毎回凄いわホント。PKみたいにFK決めるし。
FKではないもののこの日も1得点。ディフェンスをあざ笑うフェイント。圧巻。
個人的には、埼玉の某クラブなマルシオより、新潟のマルシオでいて欲しい。
マルシオ嫁の新潟プッシュに期待か。

■サッカーの持つ力
他力本願上等。ガチ新潟サポ化。(多少"天童の悲劇"を引きずってはいたが・・・)
得点シーンで広がる輪。
通常赤の他人も仲間仲間。ハイタッチハイタッチ。
サッカーの力は素晴らしい。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドーハの悲劇の武田化

【J1:第30節 山形 vs C大阪】試合終了後の各選手コメント(10.11.14)

残留争いのこの時期にウチが3-1の状況で、

「意思統一が図れなかった・・・」

よく言えたもんだな、プロとして。

「守りにいったがセレッソの攻撃が強力で耐え切れなかった」

せめてそれくらいのこと言ってくれ。

※実際バラバラだったわけだが・・・。



【山形×C大阪】 雪国気質が生んだ実直なサッカー

==========
■ 雪国気質が生んだ実直なサッカー

これで山形の勝ち点は「36」。16位の神戸が「30」であり、まだ「残留が確実」とは言えないが、神戸の残りの対戦相手を考えると、残り4試合で勝ち点「1」を積み上げればほぼ残留できるのでは?と思われる状況になった。2年連続で残留を果たすことができれば、これは地方のスモールクラブとしては快挙である。

「雪国の人は辛抱強い。」といわれるが、小林監督率いる山形のサッカーは、まさしく「雪国の人の気質に合ったサッカー」であり、粘り強くて、辛抱強いサッカーを見せる。決して派手ではないが、まじめなサッカーである。同じようなサッカーを、都会のクラブで長期にわたって実現させるのは非常に難しい。続けていくと、選手もサポーターも、色気が出てきてしまうからである。

「雪国」は生活する上では、ハンディキャップになりうるが、「雪国」のチームだからこそのメリットをピッチ上で表現するチームが、やっと生まれてきたというのは、同じ雪国生まれとしては感慨深いものがある。

ただ、勝負はこれからでもある。2年連続で残留を成し遂げたとき、(次の目標が「残留よりも上のもの」になったとき、)クラブとサポーターの意識がバラバラになって、チーム自体もバラバラになってしまった例は、他クラブでも見られたことである。世界は限りなく上に広がっているが、上を見過ぎることもマイナスとなる。ただ、現状維持では不満を覚える人も出てくる。どうバランスを取っていくのか?残留を果たしたとき、次の挑戦が始まる。
==========


客観視するとあと1か。主観では到底思えない^^;

昨日の経験を「良い経験」とするためには、なんとしても残らないと。
ただの致命傷、としては振り返りたくない。

次の挑戦、始めたいねえ。。



BGTV:昨日のセレッソ戦(再放送)

見直してみても、、やはり全てはウチの余裕のなさがなせる業だ。

2点目は前田とコバリョーのお見合い、から下手な前田のクリアーをそのままズドン。。

そして悲劇弾に繋がるボールロストのシーン・・・

コバリョーの無駄なカットイン&センタリングでドーハの武田を思い出した。。

縦&外に方向転換しながらでも完全キープのシーンだ。

ついでに、「小原章吾の広島戦2009」も思い出した。

残留を果たし、上を目指す場合・・・あるなあ。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長谷川スタメンのなぞ

最近長谷川がスタメン。

点を取れてないのにスタメン。

実は田代のレンタル終了が決まってたりして^^;
※ただの勘

その時はその時だ。

そろそろ決めなさい、長谷川君。


てか勝てば誰が決めても良い。

シミケンだって良い。

むしろ見たい。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 19:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

空気を読めているのか?

残留争い渦中、秋葉復帰の朗報。待ってました!

だけど、

山形AKB48作戦!秋葉が帰ってきた(日刊)
合い言葉は「AKB48」秋葉復帰で勝ち点48だ…山形(報知)

被って、滑って、なによりミスターモンテをAKBと一緒にしないでくれ。

空気読めてるか?こんな状況だから敢えて?!とでも言うのか・・・

イヤイヤイヤイヤ・・・

ぬるいよ。笑い誘ってる場合じゃない。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「最小得点 vs 最小失点」なのだ

今週末の対決、知る人ぞ知る

最小得点チーム vs 最小失点チーム

そんな対決。

も、もちろん(?)

最少得点チームはうち・・・
最小失点チームはセレッソ

だ(涙)

そんな中、

山形J1残留へ 小林監督「打ち合え」(日刊スポーツ)

打ち合え?

ほー。言うねえ。。大丈夫なのか・・・コバさん^^;

先日の「強気でいく」発言は本気なんだね。

あくまで強気で残留し、その先にある「ランランク上のチームになる」そんな思惑だね。

半分博打も承知の上だね。

オーケーオーケー、やってやろうじゃないか。

信じてまっせ、やりきってくれ。


ただ、

1点取れたら2点取られなければいい

という(勝ち点重視な)心のゆとりも忘れずに。

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。