| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1初昇格とJ1初勝利とJ1最後の勝利をな

楽しかったJ1

J1初昇格を決めた試合と、J1初勝利とJ1最後の勝利。
※うちのブログ、横幅狭い設定なもんで、YouTubeのリンクをば。

祝J1!モンテディオ山形昇格

J1 第1節 ジュビロ vs モンテディオ

REDS TV GGR 第25節モンテディオ山形戦ダイジェスト
※浦和目線です・・・


まだ余韻に浸っても良いっすよね。

皆さんも探してみてみると良いかも。たくさんありますよー。

楽しかったのに・・・残念ながら来季はJ2だ。

くっそ~・・・悔しい。


コバさんもラストスピーチで言っていたように、この悔しさの鮮度が高いうちに、なんとしてもJ1昇格を目指し達成しないと!

鮮度が落ちたら・・・一生上がれなくなるで・・・コレマジで

フロントも選手もサポーターも一丸とならないと!

絆リボン
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
スポンサーサイト

| 記事etc... | 00:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

代行挨拶

高橋節理事長職務代行挨拶(オフィシャル)

「J1に入って3年目の今季、選手の皆さんが必死に頑張る姿は随所に表れていましたが、それを結果として前に出せなかったのではないかと思います。明日の試合が小林監督のもとでの最後の戦いとなります。これまでの悔しい思いを、勝利という形でスタンドのファンの皆様に表していただきたい。来季、J2にステージを移しても、「モンテディオ山形」を同様に支援していこうという山形県民の思いは変わらないし、山形で(恒常的に)1万人を集めるイベントは他にありません。多くの県民が集い、プレーを観ることで地域が活性化し、地域の元気が出てくるのです。私も、皆さんに負けないくらいのスポーツへの想い、そして地域への想いを持っております。力を合わせて、新しいモンテディオ山形を創り上げていきましょう。」と、力強いメッセージで、スタッフや選手達も一様に感心した様子でした。

おおおお。代行ながら、前任者より全然伝わるわー。

好き嫌い?!

いやいやいや。


自分の想いを交えて周りを巻き込み共に頑張っていこう!な論調は、特に山形のようなチームのトップには不可欠かと思うので、凄く伝わりますわ。確実にオーディエンスを引き付けるよね、こっちのほうが。協力したくなる。

山形で、ホームでお金を落とさないと、活性化しねんだず!=チームが強ぐならねんだず!

という、ストレートな意見、もっと発信してくださいませ。

みんな、強いモンテが見たいんだから絶対。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 02:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

意地ってこういうこと

昨日の浦和勝利で、15位浦和と16位甲府の勝ち点差は6に。
浦和が最終節で敗れて、甲府が今日と最終節を連勝し勝ち点で追いついたとしても、得失点差で大きく上回る浦和の残留はほぼ決定的。

こんな状況でも、甲府は新潟に3-0で勝利して、降格決定は最終節に持ち越しっすよ。

現状の得失点差は14点だから、単純に浦和が柏に0-7で負けて、甲府が大宮に7-0で勝たないと追いつけない計算になるから・・・まず間違いなく、もう一枠は甲府で決まりなんだけど・・・

でも3-0で勝利して見せるわけよ。ハーフナー抜きでね。

これが「意地」ってもんだよねー。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

537分

リーグ戦では、第28節磐田戦、前半3分の伊東ヘッド以来得点がない。
itoh_head

そのトータル時間、537分!

リーグ戦では、537分間、ノーゴールである。。。

また、クラブの"意地を見せます宣言"以来、全敗。抜群の安定感である。

いい加減にして欲しい。

残り1試合、せめて点取ってくれ・・・せめて気持ちを見せてくれ・・・

サポーターの心理は、勝ち負けなんて二の次状態・・・そんなところまで落ち込んでいるのではないだろうか。


くっそ、気持ち入れて点取って勝って意地見せろ、くっそ。

まったくもう・・・


nogoal_nolife
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 01:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サトケンの名言

先日の騒動で、なにやらゴタゴタしてますが、十人十色、いろんな取り方や考え方がありますわな。

なにやら一部報道(ローカル新聞ですけど)読むと、誤解を招いてしまうような・・・ところもあるようで。どこに比重を置いて伝えるかによって、印象は違ってきますから、報道関係者の方々には正確に伝えて欲しいところでありますが・・・いろんな力が働いたりするもんですかねえ・・・(意味深)。

まあ、過ぎたことに対して、何が正解で何が不正解とか、いつまでも言ってても仕方がないし、そういうことじゃなくて、いろんな立場からの建設的な意見を、この先のモンテにうまく反映していきたいもんですなあ。


さて、その騒動中、サトケンがサポーターに向けた言葉。グッときたねー。成長したんだねえ。名言だよ名言。

「僕は、山形でプロサッカー選手としてのキャリアをスタートして、自分が1年目の全然試合に出れない時から、皆さんには温かい目で見守ってもらって、ほんと自分は恵まれてるなと思ってました。

ここ最近のふがいない試合で、そんな暖かい皆さんをこんな悲しい気持ちにさせてしまったことが、自分はほんと心苦しいし、悔しいし、悲しく思ってます。

僕にとってのサポーターは山形のサポーターしか知らないし、僕を応援してくれている全ての人には感謝しています。

こんな状態で、皆さんの信頼関係を失ってしまって、自分自身すごいショックですし、、なんとしてでも残り2試合で、折角築き上げてきた信頼を取り戻せるようプレーしたいと思っています。

山形というクラブにとって、僕が必要ないなら、いなくなれば済む話なんですけど、皆さんは、このクラブにとって絶対必要な存在で、これから先も、このクラブを愛し続けて欲しいと僕は思っています。

もう一度皆さんと僕たちが同じ方向を向いて戦えるよう、しっかり準備して、残り2試合戦いますので、どうか最後まで一緒に戦ってください。お願いします。」



今年は負のスパイラルを抜け出せなかったけど、一昨年~去年の飛躍、活躍ぶりには、他所から絶対に抜かれてしまうプレーヤーだと、ヒヤヒヤしていましたよ。

もっとやれると思うよ君は。自信さえ取り戻せば。

自信を取り戻して、敵からボールを奪い取るサトケンを、ボールと敵の間に上手く体を入れて絶対にボールを失わないサトケンを、山形のプレーヤーとしてまた頼むよ。

ボールを受けたら、まずは前向きにターンだよサトケン。

sato_kentaroh
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 00:40 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

えむあいぴー

モンテディオ山形2011シーズンMIP賞(モスト・インプレッシブ・プレーヤー賞)のお知らせ

Most Impressive Player - 最も印象に残った選手。


協賛いただいているから、、というのもわかるのだけど、状況を汲み取っていただけないものでしょうか。

これが大人の事情ってやつですかね。

内々に勝手に選考してくれて結構ですけど・・・。

そうですよね、社名が前に出ることに意義があるのですよね・・・。

それにしても、もう少し柔軟に対応できないものなんでしょうかねえ・・・こんなんだから・・・。


J2降格年、最も印象に残った選手。

選ばれた選手はどういう気持ちになるもんですかね・・・。


えーい、貰えるもんは貰っとけ!


ちなみに、私としては「該当者なし」でお願いいたします。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 00:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天皇杯敗退を受けての正直な気持ち

J2降格が決まっても心をキープできていたのは、だいぶ前から覚悟が出来ていたからもあるけど、天皇杯という舞台がまだ残されていたからかもしれない。

京都に絶対勝てるとは思わなかったけど、まだ上を狙える気持ちが支えになっていたというか。もし勝てたら鹿島とやれるじゃん、みたいな。そんな希望を抱いていた、そんな気がする。

J2降格&天皇杯敗退が決まった今、残された3試合は完全なる消化試合。特に何の希望もない。

今更どこ相手に勝ってもらっても、なんら嬉しくないだろうな。この状況でたった1勝して「意地」を見せてもらった!なんてならない。空しくなる気がする。僕は。

しかも、ハッキリ言って、福岡にも負けると思う。彼らは降格が決まっても、ホームで気持ちのこもったゲーム展開してたし。

契約更新についても裏では徐々に固まってきているだろうし、せめて来年に繋がる様なメンバーで、残り3試合を有意義なものにして欲しい。


J2でもいいから、上を狙う意味がある時期を早く迎えたい。

先があるって大事だよなあ。

そりゃ選手もモチベーション上がらないわな。プロとしては失格・・・というかその程度の選手というだけ。

李だ、川島だ、長谷部だ、本田だ、と最近の特集番組を見る限り、その辺のメンタルの差が大きいよね。あそこまでいけるか、いけないかは。

気持ちのある選手募集。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 01:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

再起をはかれ(記事リンク)

再起をはかれ:サッカー モンテディオ山形/上 チーム不振の要因 /山形

再起をはかれ:サッカー モンテディオ山形/中 「身の丈経営」の苦悩 /山形

再起をはかれ:サッカー モンテディオ山形/下 「おらがチーム」の厚み /山形


やはり、、、2期目は勘弁して欲しい。

昨年、98年の協会設立以来、初の債務超過という事態を招き、「主な原因は広告料収入と入場料収入の伸び悩み。策は打ったが結果が出なかった。私の責任です」と会見した川越進理事長。

にもかかわらず、

今年も大した手を打たず、打てず(?)

見て取れない努力もあるだろうが、結果、スポンサー獲得・拡大にはいたらず、集客戦略にも失敗し、2年連続の債務超過はほぼ確定である。
(つーか、営業3人って何だよ・・・)

そんな1期2年を務めた理事長が、J2降格決定直後に残したコメントと言えば、

「私でなければダメだとは思わないが、周囲がやってほしいという判断なら前向きに考える」

である。

ありえない。イタすぎる。


J1再昇格どうこう語る以前に、プロフェッショナルな経営が出来る体制を整えること、これが最優先な気がする。


再任されるような理事会だったら・・・Σ( ̄□ ̄lll)

代えたところで使える人がいなかったら・・・Σ( ̄□ ̄lll)

怖いわ・・・Σ( ̄□ ̄lll)Σ( ̄□ ̄lll)Σ( ̄□ ̄lll)


個人的には選手の入れ替わりや監督人事なんかをはるかに上回る最大の注目ポイントだわー。


助けてくれませんか、、海保さん。。アドバイザーとか就任して誰か良い人紹介してくれません?
kaiho

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 01:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

勘弁してください

あるであるで。

【山形】J2降格決定「残念」/J1(日刊スポーツ)
山形降格決定…小林監督辞意表明/J1(日刊スポーツ)
札幌石崎監督争奪戦 J2降格山形が食指(日刊スポーツ)
山形降格…小林監督「大きな責任がある」(サンスポ)
山形降格決定…小林監督が辞任示唆(サンスポ)
山形 J2降格が決定…小林監督 辞意を表明(スポニチ)
山形降格で指揮官交代へ 元磐田監督・山本昌邦氏ら候補(スポニチ)
小林監督、J2降格決定に「大きな責任がある」…山形(報知)
J2降格決定で小林監督辞意「大きな責任を感じている」…山形(報知)
攻守かみ合わず、神戸に0―2 J2降格決定(山形新聞)
伸び欠いた“総合力” 戦力補強で資金問題も響く(山形新聞)
サポーター「それでも応援し続ける」 現地で、PVで(山形新聞)
【J1:第31節 神戸 vs 山形】小林伸二監督(山形)記者会見コメント(11.11.03)(J's Goal)
【J1:第31節 神戸 vs 山形】試合終了後の各選手コメント(11.11.03)(J's Goal)
【J1:第31節 神戸 vs 山形】レポート:安堵の笛、無情の笛。神戸がJ1残留を決め、山形はJ2降格へ。(11.11.04)(J's Goal)
山形降格決定で小林伸二監督が辞意(サポティスタ)

監督人事に関する話で、次の候補がどうこうあるけど、、、いわゆる「飛ばし記事」でしょう。
振り回されてはいけません。


そんなことより、ビックリしたこと。

4年ぶりJ2降格決定、小林監督退任…山形(報知)

◆川越理事長続投に意欲 〇…山形の川越進理事長(63)は、来季以降の続投に意欲を示した。「私でなければダメだとは思わないが、周囲がやってほしいという判断なら前向きに考える」。任期は来年3月で切れるが2期目に突入する可能性を示唆した。

「大きな責任がある」 J1山形の小林監督(スポーツナビ)

J1山形の小林伸二監督(51)は3日、J2降格決定後の記者会見で進退について問われ「(来季の指揮は)極めて不可能だと思う。修正できなかったのには、大きな責任がある。オファーはないと思う」と話した。
 山形の川越進理事長は「まだシーズンを戦っている最中で白紙。何も考えていない」と話すにとどまった。



なんだこの空気の読めなさっぷりは!!

任期中、2年連続の大赤字。あなたじゃダメなんだ。そう思うよ。

何も考えていない?は?笑わせないでください。

勘弁してください。

・・・これも「飛ばし記事」ですよね?!
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自動昇格をなくし、3つの昇格枠をすべて入れ替え戦に

自動昇格をなくし、3つの昇格枠をすべて入れ替え戦に(サポティスタ)

待ってましたー。ちょーど、今年残留争いにも参加できない感じなんですよー。急遽入れ替え戦でお願いしますよー。。。

冗談はさておき。

なかなか斬新なアイディアだねー、福西君。おもろいおもろい。

まあでも、3つ全部入れ替え戦だと無理ある気がするかな。

現状の3つ全部自動入れ替えってのもどうかと思ってるけどねー。

そんで、来年のコレ↓もちょっと不公平感があると思うしね。
J1昇格プレーオフ(仮称)2012シーズンより導入および大会方式の決定について(J.LEAGUE)
折角3位だったのに6位に捲くられる可能性があるって・・・ねえ。

やはり、J1の下から3番目とJ2の3位は入れ替え戦!という以前のシステムが一番良い気がするんだよなあ。


さて明後日11/3は神戸戦だ。

甲府、浦和の結果も絡むからかなーり厳しいわけだけど、そんなん関係なく例の「意地」ってやつ期待してますわ。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 23:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ご報告が空しい

サポーターの皆様へご報告

うーん。

リーグ戦も途中だし、神戸戦からの戦い振りを見ないことにはなんとも言えないですかね。期待してますよ。

しかしながら、こんなタイミングだから?1点引っかかるんです。

モンテディオ山形クラブビジョン

山形県民に愛されるチーム~地域の人たちに必要な存在になる~
Jリーグ所属カテゴリーに左右されることなく、世代を超えて末永く山形県民に愛されるチームとなる。


個人的には今から起こるであろう目先のことを思ってではなく、来季以降のビジョンとして、クラブ側がこんなんで良いのだろうか・・・とね。

J1上がる気あんの?みたいな・・・おっと失礼、まだ落ちてないか。。

「カテゴリーなんて関係なくいつでも応援していくぜ!」と言うのは我々サポーター側のスタンスであって、クラブ側にはJ1を目指すと公言して欲しいよ僕は。だからまだ落ちてないっつーの。。。(空しい)

そうじゃないと、「J1出陣!」や「前へ!」といった過去のスローガンは何だったの?って話になりまっせ。

まさかの下方修正とか勘弁してくださいね(笑)

今季残り4試合も、来季以降も、どんな状況でもサポートしたいと思ってますよ当然。そしてそうしますよ、はい。

その代わり、、の交換条件ではないけれど、お願いできるのであれば(というか提案?)、このご報告しかり、ここ最近のオフィシャルホームページ更新の乱発振りが、今季終盤までフロントとしての対応が後手後手に回ってしまったことや的を得てなかったことが起因して、アリバイ工作のようにしか見えないのよ。だから、今季が終了したら、その辺認めてもらって謝罪して欲しいし(まあ、そう思ってるならだけど・・・)、来季以降も継続的にオフィシャルホームページから、その他メディアから、バンバン情報を発信して欲しいよ。今季の失敗を確実にプラスに、今後に生かして欲しいよ。

と思うよ僕は。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TG

モンテディオ山形 トレーニングゲーム(vs.JAPANサッカーカレッジ)結果のお知らせ

この状況下でキッチリプレーするのは、メンタル的にしんどいんだろうね。

相手のほうがダイレクトパスが多くてテンポ良いサッカー。

モンテは止めて蹴って止めて蹴っての安全運転サッカー。日頃からこれじゃそりゃ崩せないわ。

徐々にコバさんのテンションがヒートアップ!学生相手に前半で退いたはずのジャンボが終盤再登場には笑った。

最後の意地を見たいところだけど・・・今年は厳しそうだ。

あ、後半登場の北村良かったよ北村。彼が万全でいてくれたらなあ・・・。


ストーブリーグはどうなることやら、、、ある意味楽しみである。


古橋PK
20111023_furu

マイコンFK(壁直撃・・・不発)
20111023_maicon
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 17:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

必ずしも崩さなくたって点は取れるっつーの

山形2年目中野デビュー戦で存在感/J1(日刊スポーツ)
山形攻め手欠き零敗 次々節降格も/J1(日刊スポーツ)
山形降格ピンチ「頑張るしかない」/J1(日刊スポーツ)
1点が遠い山形、残り5試合で15位と9点差(サンスポ)
指揮官ガックリ…山形1点遠く残留圏まで9差(スポニチ)
痛恨の1敗、J1残留困難に…山形(報知)
小林監督、東北のハンデ痛感 2選手が足つる…山形(報知)
PK献上、重い1失点 柏に0-1(山形新聞)

あるわあるわ。降格が近づいてきてようやく注目されてくるとは・・・。よほど魅力がないんだわな(涙)

記事にもあるように、毎度のことだね既に。意固地になりすぎた感は否めないと思うね今年は。背伸びしてポゼッションサッカーを目指したけれど、無理だったということだ。

個人的には、ここでも書いてきたとおり、アウェイ仙台戦の敗戦で・・・敗戦というよりその内容から厳しいなと覚悟を決めたっけ。

まー結果はどうあれ、あと5試合あるわけで、1つでも勝ち試合を見たいわけで、そんな中気のなるのは監督のお言葉。

「引いた相手を崩せなかった、崩すのが難しかった」そんな類のお言葉。

まーね、崩して点取るのが一番理想だろうよ。

ただ、崩さないと点取れないってわけでもないよね、サッカーは。

少々遠目からミドルを打って入る時もあれば、放り込んで交通事故的に入る時もある。

ミドルは入らなくても有効で、その後(また打ってくるかもということで)敵を引き出す効果を生み出せるわけだ。

そうすれば、スペースも生まれるだろうし、崩せるかもしれないよねー。

プロだからそんなことはご存知ですよねー・・・でも記事や試合内容からはどーしても感じられないのだよ、毎回毎回。

突貫工事で精度上げることに比重を置くのも良いけど、"下手な鉄砲も数打ちゃ当たる"ってことわざもあるじゃないか。

そんな姿勢が気持ちとしてサポーターに伝わると思うけどねーオレは。


なんか書いてて空しい。そんなとこまで来たんだな(涙)
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

情報漏えい

前エントリーで飛び出した、「まーでも読めますなー、なんとなく。」発言。

山形小林監督 MF伊東のFW起用を示唆(日刊スポーツ)

全然読めてねー・・・( ̄Д ̄;) ガーン

なるほど、伊東をトップね。ありかもね。
あれだね、太田とかとポジションシフトしながら、色々やってくパターンだね。

そして伊東のこの頼もしいコメント。

「問題ないです。シュートもいっぱい打てるんで。(2トップは)誰と組んでも、自分で何とかやるんで大丈夫です」

チキンハート、ノミの心臓な先輩方に見本ってやつ見せちゃってよ。

まー、引き抜かれない程度に頑張って欲しいです・・・。

でだ、、だからー、、、どこから来るのよこの余裕?!

情報ダダ漏れ。情報漏えい。

セキュリティ対策を講じたほうが良いのでは?!

さらに上手、記者を巻き込んだガセネタでしたーってことも、、ないだろうなあ。


まあまあ、とにかくだ。

最近ありがちな、「入りは良かった」とか、「前半0プランだったが・・・」とか、そんな細かいことを言う時期は過ぎたし、聞き飽きたよ。

90分ファイトして、勝って見せてよ、意地を見せてよ。

シュートの意識も忘れるなよー。少々遠目からでも、多少強引にでもとにかく打とうよ。

ちゃんとPKキッカーも決めとけよー。

いろんな状況を想定して、準備して、テンパらないよう望んでくれーい。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

それって準備不足です

川崎戦、決め手欠き完封負け(山形新聞)

「川崎はこれまでと違ってリトリートして(引いて守って)、カウンター攻撃だった。随分違った」と小林伸二監督。

は?

リトリートしてくるのは想定外だった?

何を仰いますやら。相手の戦術のせいですか?

「ザキフル2トップいきます!」なんて事前に公言するのは山形くらいですよ。

それに、攻めてくるか、引いてくるか、前半勝負か、後半勝負か、バリエーションなんて数えるほどしかないでしょ。

単なる準備不足では?

しかも、試合が目の前で行われていて、見ればわかるでしょうよ。

引いてるのは見てわかるでしょうよ。

指揮官のこのコメントは腹立つわ・・・。

「情けない試合をお見せしてしまい、申し訳ない」ぐらい言ってみろっつーの。


少々熱くなってしまいましたが・・・。


中盤の選手の技量がすぐに劇的に変わるはずがないわけで、ここは割り切り。

中盤省略して縦ポンサッカーに徹したら?

奪われたとしても深い位置に限定して、カウンターを防止できるしさ。

あとは運が味方することを祈るしかない。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 19:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

次勝てれば・・・今季初

まだ逆転残留には厳しい状況。

ただ次勝って今季初の連勝となれば・・・。

勢いづくし、だいぶ変わるかもね。

次が大事だ。

20110912yamazaki01

20110912yamazaki02

20110912yamazaki03

20110912miyazawa01

20110912miyazawa02

20110912miyazawa03

20110912miyazawa04

山、宮沢はこんなん言ってるでー。


スタジアムを埋め尽くして、後押しして、

after_yamazakisgoal

こんなシーンを共有しよう。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山形に千葉

chiba_yamagata

akiba_chiba

さすがホーチ。千葉君は山形にはいないのだよ。仕事において「確認」は重要だねー。

秋葉君まだまだだね君も。

プレーで見返してやりなさいと言いたい所だけど、仙台戦の出来では出場すら厳しいと思うんだ、僕は。

2週間経って、あの体たらくを見せられた印象も薄れ、それどころか期待に変わる。

サポーターとは恐ろしいポジションです。

まー、見返して見せてくれよ。。出るならね。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 12:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Jリーグチーム名の由来

明日からリーグ再開(モンテは明後日)だというのに、突拍子のないネタ。

モンテって、割と、由来的に、上位に位置してるな、と感じるのはサポーターならではだろうか。

割と良いって(笑)素敵やん。


他チームでは、サガン鳥栖がユベントスと音を似せているなんて・・・おっしゃれーw

貴方はいくつ知ってますかー。これを読めば"Jリーグ通度" Up!


さて、明後日は、気の抜けたヘボゲームだけは勘弁ね。



■ベガルタ仙台
 全国的にも有名な仙台七夕をその由来とし、七夕の織り姫“べガ”と彦星“アルタイル”が出会うという伝説から合体名を制作。これは「県民市民と融合し、ともに夢を実現する」という願いがこめられている。

■モンテディオ山形
 イタリア語の「MONTE(山)」と、「DIO(神)」を組み合わせた造語で、「山の神」を意味しており、拠点とする山形県の霊峰出羽三山(月山、湯殿山、羽黒山)と、頂点を目指すチームを表している。


■鹿島アントラーズ
 アントラーズ(ANTLERS)のANTLERは英語で「鹿の枝角」の意味。鹿島神宮の鹿にちなみ、枝角は茨城県の「茨」をイメージしたもの。鹿は親しみのある動物として愛されており、また武器である枝角は鋭く強いもので、勇猛果敢に戦い勝利を目指すチームを意味する。

■浦和レッドダイヤモンズ
 「ダイヤモンド」がもつ最高の輝き、固い結束力をイメージし、クラブカラーの「レッド」と組み合わせた名称。2001年5月にホームタウンが「さいたま市」となったが、それまでの「浦和市」の名称をそのまま使用。チーム名は浦和レッドダイヤモンズだが、多くのファン・サポーターからは「浦和レッズ」の呼称で親しまれている。

■大宮アルディージャ
 アルディージャとは、「リス」を意味するスペイン語(スペイン語読みではアルディーリャ)。リスは大宮市(現さいたま市)のマスコット的存在であり、地域に密着した愛される存在となることを願ってつけられた。また、「リスのようにスピーディーかつアクティブにフィールドを駆け回り、フェアでアグレッシブなサッカーを展開し、多くの勝利・感動をファンに与えるチームを目指す」という意図がある。

■柏レイソル
 スペイン語の「REY」(王)と「SOL」(太陽)を合体させた造語で、太陽王の意味を持つ。王の偉大さと厳しさを備えながらも、優しさや親しみやすさをも兼ね備える。

■川崎フロンターレ
 フロンターレとはイタリア語で「正面の」「前飾り」の意。常に最前線で挑戦しつづけるフロンティアスピリッツ、正面から正々堂々と戦う姿勢を表現したもの。加えて、日本の正面に位置する臨海都市「川崎」とともに歩んでいく思いが込められている。

■横浜F・マリノス
 マリノス(MARINOS)とは、スペイン語で「船乗り」のこと。7つの海を渡り、世界を目指す姿とホームタウンである国際的港町、横浜のイメージをオーバーラップさせている。

■ヴァンフォーレ甲府
 ヴァンフォーレ(VENTFORET)とは「VENT(風)」「FORET(林)」というフランス語の組み合わせで、「風のように疾(はや)く、ときには林のように静かに…」で知られる戦国時代の武将、武田信玄の旗印である「風林火山」に基づいている。

■アルビレックス新潟
 アルビレックスには「アルビレ(オ)(白鳥座の中の二重星を表す)」と「レックス(ラテン語で王の意)」を合わせて、サッカー界の王者に向けてはばたくという意味が込められている。

■清水エスパルス
 S-PULSEのSは「サッカー、清水、静岡」の頭文字をとったもの。PULSEは英語で「心臓の鼓動」の意味。サッカーを愛する県民・市民の胸の高鳴りとチームのスピリットを表している。

■ジュビロ磐田
ジュビロ(JUBILO)はポルトガル語、スペイン語で「歓喜」の意味。サポーターをはじめとするすべての人々に夢と感動を与える。

■名古屋グランパスエイト
 グランパス(GRAMPUS)は英語で名古屋のシンボル「鯱」の意味。エイト(EIGHT)は名古屋市の記章であり、末広がりを表す。なお2008年シーズンより呼称に関してはチーム名から「エイト」が外され「名古屋グランパス」に変更された(日本協会登録チーム名と法人名、エンブレム、ロゴは「名古屋グランパスエイト」のまま)。

■ガンバ大阪
 ガンバ(GAMBA)はイタリア語で「脚」の意味。サッカーの原点である「脚」によってシンプルで強いチームを目指す。また「ガンバ」という響きは日本語の「頑張る」にも通じる。

■セレッソ大阪
 セレッソ(CEREZO)はスペイン語で大阪市の花である「桜」の意味。大阪市を、そして日本を代表するチームに育つよう願いが込められている。

■ヴィッセル神戸
 VISSELは英語のVICTORY(勝利)とVESSEL(船)から生まれた造語。「勝利の船」「勝利の船出」を意味し、国際港神戸をイメージするとともに、市民の夢を乗せた「大きな船」であること、勝利に挑戦し続けるチームであることへの願いを込めている。

■サンフレッチェ広島
 サンフレッチェは、日本語の「三」とイタリア語の「フレッチェ=矢」を合わせたもので、広島にゆかりの深い戦国の武将、毛利元就の故事に由来し、「三本の矢」を意味している。

■アビスパ福岡
 アビスパ(AVISPA)はスペイン語で熊ん蜂を意味する「ハチ」の持つ特性「集団的行動」「俊敏性」が、クラブの目指すサッカースタイルである「軽快で統制のとれた多様なグループ攻撃」を象徴する。

-------

■コンサドーレ札幌
 「どさんこ」の逆さ読みに、ラテン語の響きをもつ「オーレ」を付けたもの。

■水戸ホーリホック
 ホーリーホックとは、英語で「葵」を意味する。徳川御三家の一つである水戸藩の家紋(葵)から引用したもの。誰からも愛され親しまれ、そして強固な意志を持ったチームになることを目標にしている。

■栃木SC
 40年近くの歴史と伝統を持つ「栃木教員サッカークラブ」が、教員チームの枠を超え、一般社会人へも門戸を開き、より入りやすく、より分かりやすく、より親しみやすい、栃木県を代表する「地域クラブ」を目指して改称した。

■ザスパ草津
 英語で温泉を意味する「スパ」からとったもので、チーム名そのものがチーム誕生の地、草津温泉を表している。

■ジェフユナイテッド千葉
 1991年一般公募(応募総数9,847通)にて決定。JR EAST FURUKAWA の頭文字をとってJEF。UNITEDは古河電工とJR東日本が提携して誕生したチームであること、ホームタウンとの結びつき、チームの協調・連帯感を表現している。

■FC東京
 都民各層から幅広くサポートされる「都民のためのJクラブ」を目指す観点から、ホームタウン名「東京」を入れた、シンプルで誰にもわかり易く馴染みのあるものとした。

■東京ヴェルディ1969
 ポルトガル語で「緑」を意味する「VERDE」から生まれた造語。「1969」は、母体の「読売サッカークラブ」が創立した年。

■横浜FC
 地域に密着したクラブ作りをめざすため、覚えやすいネーミングに。また、心地よい響きとなるにちがいないと考え命名。

■湘南ベルマーレ
 湘南の「美しい海」をイメージし、ラテン語のBellum(ベラム/美しい)とMare(マーレ/海)を組み合わせたもの。

■カターレ富山
 愛するチームを共に“語れ”、“歌え”(イタリア語の「カンターレ」[cantare])、そして“勝て”(富山の方言である「勝たれ」) という意味を込めて名付けた。あわせて、頂点を目指して、富山県民(サポーター)と肩(カタ)を組んで共に「行こう」(フランス語の「アレ」[aller=行く])というチームの姿勢をあらわしている。

■FC岐阜
 Football Club岐阜の略。岐阜のシンボルとなるサッカークラブを目指す意味で命名。

■京都サンガF.C.
 サンガ(SANGA)とは、ホームタウンで歴史ある寺院を多く擁す古都・京都とのつながりの深い仏教用語。サンスクリット語で「仲間・群れ」を意味する。F.C.(エフ・シー)はフットボール(Football)を通じ、ファン(Fun)、ファミリー(Family)と共に未来(Future)を創るクラブ(Club)でありつづけるという願いが込められている。

■ガイナーレ鳥取
 2003年シーズン開幕前に、公募にてチームの愛称を募集。ガイナーレの「がいな」は、出雲伯耆地方の方言で「大きな」という意味。勝利を掴み続け、更なる大きな世界にはばたくような「大きなチームになれ」という願いと夢を込めて「ガイナーレ」とした。

■ファジアーノ岡山
 ファジアーノ(Fagiano)とはイタリア語で「キジ(雉)」の意味。キジは岡山県を代表する鳥として、県鳥に指定されている鳥。また、郷土に古くから伝わる桃太郎伝説でキジが鬼退治で活躍したことにちなみ命名。

■徳島ヴォルティス
 イタリア語で「渦」を意味する「VORTICE」から生まれた造語。豪快な鳴門の渦潮にあやかり、パワー、スピード、結束力を備え、観客を興奮の渦に巻き込む思いがこめられている。

■愛媛FC
 愛媛県全域をホームタウンとする愛媛FC。県民の皆様に夢・感動・希望を与えられるチーム、そして愛されるチーム作りを目指すべく、ホームタウン名を入れたシンプルかつ馴染み深いチーム名とした。

■ギラヴァンツ北九州
 イタリア語で“ひまわり”という意味の「Girasole」と“前進する”という意味の「Avanzare」を組合せた造語。ひまわりは、ホームタウンである北九州市の市花で、太陽に向かって力強く伸びていく元気を象徴するもの。「Girasole」は、本来「ジラソル」と発音するが、ここでは「ジラ」部分を「ギラ」と読み、太陽の輝きと躍動を想起させる強い語感とした。「北九州から日本、アジア、世界へと飛躍すべく、常に前進を続ける光り輝くチームでありたい」「サポーターや地域が輝き、元気になる、その象徴でありたい」という願いを込めている。

■サガン鳥栖
 長い年月をかけて砂粒が固まって砂岩「サガン」となるように一人ひとり、小さな力を集結し立ち向かうことを意味する。「佐賀の」という意味にも通じる。イタリアのサッカークラブの強豪「ユヴェントスFC」の音に似せているという隠れた意味もある。

■ロアッソ熊本
 熊本を象徴する「阿蘇山」や「火の国熊本」から、熊本の燃える情熱を表す赤のイタリア語「ロッソ」と、イタリア語で「アッソ」=「エース」「唯一の」を含んだ造語で、Jリーグでもエースとなりうるナンバー1のチームを目指す決意をチーム名とした。

■大分トリニータ
 クラブの運営の3本柱である県民、企業、行政を表す三位一体(英語でトリニティ、Trinity)に、ホームタウン大分(Oita)を加えた造語。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ご心配をおかけしている?

2011Jリーグディビジョン1第24節vs.ベガルタ仙台戦試合終了後の横断幕等について(オフィシャル)

で?っていう・・・。

サポーターの中で、どれだけこのことを引っ張ってる人がいるんだろう。心配なんてしてるのだろうか?

個人的には、

「どーでもいい」

「ダービーだからねー、そのくらいかってにやってろ」

その程度。


そんなことより、あんな負け方食らって、

「それどころではない」

のである。


どーでもいいわー。向こうはその程度ってこと、そんだけだろー。

大人の対応めんどくせー。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 00:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山を見習おう

前エントリーで気持ちが伝わってこなかった、と書いたんだけど、ただ1人例外選手が。

試合中カウンターを食らおうものなら、最前線から最後方までも相手を追い掛け回し、試合終了のホイッスル直後、ピッチに悔しそうに仰向けに倒れる選手。

彼だけがぶっ倒れていた。

それはつい先日加入したばかりの山。


モンテ戦士はとにかく走り負けないように、シーズンを戦い抜く体力を身につけるためにと、開幕前キャンプでとにかく走りこむ。

いつもはブーイングなしのモンテサポーターも、仙台とのダービーだけはどんな内容でも負ければ叩く、ブーイングする。


彼はダービー抜きに状況を理解し、とにかく100%ファイトした結果そうなったに違いない。

だけど、

まるで鬼のキャンプを一緒にこなしてきて唯一体現しているように、

サポーターにとってのダービーの位置づけを一番把握しているように、

彼の献身的なプレー、態度から、そう感じた。

加入1ヶ月にして、目指すべきモンテらしさをプレーで、態度で、一番表現できている選手ではないかと思う。


細かいプレー面でも、

スローインのボールの受け方ひとつですら、上手さを感じさせる山。
(前半、ミーモからのスローインを受けよう待っていた太田をどかして(太田と目が合った瞬間「ドケッ」って手で合図してた)、空けたスペースへ入ってきてすんなりボールキープしたシーン。)

空いたスペースを把握し続け、ここというタイミングで動き出す山崎。
(が、大半は出し手が見れていないか、うまく出せないか。。)

その他もろもろ。


来年モンテにいてくれるのか、わからない。

でも今は山というトップレベルの選手がモンテにいる。

若手にはいろいろと吸収して欲しいものだねー。


そして何より、彼のような気持ちを出場全選手から感じたいものだねー。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 01:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。