2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第16節 ロアッソ熊本戦 AWAY

なんなんすかこれ。
matsuki1

スタメン変更、そこじゃないでしょう。

あのポジションを終盤で代えなきゃいけないリスクと効果の薄さ、彼を先発で使うリスク。

逆です。ミスジャッジですね、結果論ですけど。


ディフェンスに当たりコースが変わり、更にゴールライン上でディフェンダーがクリアートライも出し切れずゴールイン。萬代のゴール?(笑)オウンゴールかと思いました、ハハ。

先制です。

1分後、アンラッキーも重なり右サイドからフリーでグラウンダーのクロス、ニアで綺麗に合わされ同点・・・。

得点直後の時間は油断禁物、そんな時間であることはJ1で痛いほど味わいましたが、、、熊本に味わされましたね。

あそこで、あの展開で、ニアを抜かれるのはどうかとも思いますがね・・・GK

前半終了間際、格上がじっくりと相手を崩すような、完璧な崩し。後手後手の山形。いやー、情けない。

終了間際の時間は油断禁物、そんな時間であることはJ1で痛いほど味わいましたが、、、熊本に味わされましたね。

石川のシュートが枠に飛んでいたらとか、西河のヘッドゴールはオンサイドだったとか(プレー関与なしに見えた中島がオフサイドを取られノーゴール)、そんなことは抜きに、勝たなければいけない相手でしたね。


リードされ、ベッタリ引かれたら攻め手がないこと。

暑さとか、コンディションがどうこう言っていたらこの先どうにもならないこと。

4-3-3にばかり固執するようなメンバーではないということ。



わかっていただけたでしょう。よろしくどうぞ。

●2012シーズンの登録期間(ウインドー)
・第1の登録期間(ウインドー):2012年1月6日(金)~3月30日(金)
・第2の登録期間(ウインドー):2012年7月20日(金)~8月17日(金)



バリエーションを増やしてください!


スケジュール&結果(第16節終了時)

5月27日(日) J2 第 16 節 2 日目  ≪熊本 vs 山形≫  16:00キックオフ
主審:佐藤 隆治/天候:晴/気温:28.7℃/入場者数:3248人

■スタメン
GK 1 清水 健太
DF 2 小林 亮
DF 4 西河 翔吾
DF 3 石井 秀典
DF13 石川 竜也
MF19 秋葉 勝
MF15 宮阪 政樹
MF 8 船山 祐二
FW30 山崎 雅人
FW18 萬代 宏樹
FW 9 中島 裕希

■リザーブ
GK16 中村 隼
DF 5 前田 和哉
DF 6 山田 拓巳
DF14 宮本 卓也
MF 7 宮沢 克行
MF21 川島 大地
FW28 太田 徹郎

■得点
前半12分 萬代 宏樹
前半13分 武富 孝介
前半46分 武富 孝介

■警告(モンテのみ)
None

■交代(モンテのみ)
後半18分 萬代 宏樹 → 太田 徹郎
後半25分 船山 祐二 → 川島 大地
後半37分 小林 亮 → 宮本 卓也

ロアッソ熊本 2 (試合終了) 1 モンテディオ山形
2 前半 1
0 後半 0
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK -
7 シュート数 12
0 コーナーキック数 8
12 フリーキック数 16
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
スポンサーサイト

| リーグ戦 | 20:12 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

第15節 FC岐阜戦 HOME

本日のシュートスタッツ。
前半:1本
後半:15本

なんなんすか!?あの前半は。

やる気ないだろレベル。衝撃的でしたよ。
全体的に動きが重い。岐阜が運動量ではるかに上回ってました。

最近相手DFの裏を狙って「蹴る」よね。
ただしコバリョーのは・・・。
ほぼ全て、長すぎで相手ゴールラインを割ったり、キーパーめがけてたり。。
1回や2回じゃないから。
今日でスイッチされるのが順当だと思うけど、もっと練習したほうが良いよ。。
あれじゃ代えられて当然です。

萬代君。
点を取ったから良いけど、、君イライラしすぎ。
上手い下手あれど、主審がファールと言ったらファールなんだよ。
バカみたいに駄々こねて主審に目付けられてますよ。
こっちまでイライラしてくるから、もっと賢くプレーしてください。
まあ、ナイスごっつぁんゴール。

ごっつぁんゴール。
右サイドでミーモが宮阪へボール預け、ダイレクトスルーパス!
これで勝負あり、そんな鋭い宮阪のスルーパス。
完璧なタイミングで抜け出した勝から、ダイレクトでグラウンダーの早いクロス。
(ニアサイドのキーパー抜けて)ゴール正面でごっつぁん萬代。
宮阪のスルーパスが全てでしょう。

PK。
前半献上したPKは微妙だったかも。
山がゲットしたヤツはまあ妥当かと。
落ち着いて逆転ゴールなザキさんサンキュー。

その後も怒涛の波状攻撃。
しかし入らない。。決めれない。。
うーん、ですなー。
1点差ゲーム縛りっすか?

交代選手。
ミーモ良かった。次からはスタメンでしょ普通に。
ここ最近、船山を右サイドで使ってるのが良いと思うね。宮沢→船山という順序も、体力面を考えると良いバランスだと思う。
太田。ハッキリ言って、萬代より収まるよね。山・中島ともうまくポジションチェンジして、前線が凄くスムーズに回る印象なんだよ。太田のほうが良い、オレはそう思う。

だいぶ暑くなってきて、上手く入れ替えないと厳しそう、そんな今日の前半だった。
次節のスタメンに期待したい。
mimo

しかしまあ、、後半逆転したから良かったものの、、前半の出来に対する衝撃が一番の印象でした、、、よ。

スケジュール&結果(第15節終了時)

5月20日(日) J2 第 15 節 1 日目  ≪山形 vs 岐阜≫  13:00キックオフ
主審:河合 英治/天候:晴/気温:27.1℃/入場者数:8070人

■スタメン
GK 1 清水 健太
DF 2 小林 亮
DF 4 西河 翔吾
DF 3 石井 秀典
DF13 石川 竜也
MF19 秋葉 勝
MF15 宮阪 政樹
MF 7 宮沢 克行
FW30 山崎 雅人
FW18 萬代 宏樹
FW 9 中島 裕希

■リザーブ
GK16 中村 隼
DF 5 前田 和哉
DF 6 山田 拓巳
DF14 宮本 卓也
MF 8 船山 祐二
MF17 廣瀬 智靖
FW28 太田 徹郎

■得点
前半40分 佐藤 洸一 [PK]
後半11分 萬代 宏樹
後半21分 山崎 雅人 [PK]

■警告(モンテのみ)
前半39分 石井 秀典
後半41分 萬代 宏樹

■交代(モンテのみ)
ハーフタイム 小林 亮 → 宮本 卓也
後半14分 宮沢 克行 → 船山 祐二
後半31分 萬代 宏樹 → 太田 徹郎

モンテディオ山形 2 (試合終了) 1 FC岐阜
0 前半 1
2 後半 0
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK -
16 シュート数 10
2 コーナーキック数 4
18 フリーキック数 16
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| リーグ戦 | 17:25 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ニッカンワールド

山形 “因縁”の福岡と引き分け/J2(日刊スポーツ)

福岡には勝ちたかった。昨年11月19日、NDスタで0-5と惨敗。屈辱の結果にサポーターは激怒し、500人が選手用バスを囲む事態に発展した。

そうなんすか?

結果にではなく、当時のポンコツ理事長が原因という認識でしたが。
結果に関わらずやるっつー流れだったんじゃないんすか。
しかも最初からバス囲むつもりじゃなくて、ゴール裏に来なかったから、ではないんすか。
ウソはダメでしょウソは。

この件限らず、全国紙でネタ重視で記事載せるの、いい加減にして欲しいですなあ。

いや、ワールドワイドウェブかwww


さて、次節以降は、岐阜(H)、熊本(A)、鳥取(H)と続きますなあ。

一見、現在地からするとボーナスステージのような感じでありますが、侮るなかれJ2であります。

岐阜にはギッフギフにされた経験があるし(昇格した2008年ホーム開幕戦、初対戦で3-5●)、熊本はアウェー、鳥取は初対戦ですなあ。

崩して点取れてるわけじゃないし、油断禁物ですなあ。累積カードによる出場停止も絡んでくるしねー。

・・・とは言いながら、ここで3連勝できないようでは・・・再昇格は厳しいかもねー。

是非3連勝してもらって、京都、湘南と続く上位との連戦も勝っちゃって、

えーい、町田も勝って小林徳島も撃破といきましょう。

小林徳島として山形に来れるか?ここも注目ですなー。

7連勝フィニッシュじゃー。

半分終えて勝ち点51の出来上がり。
matsuki



にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 21:49 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

第14節 アビスパ福岡戦 AWAY

後半アディショナルタイムの決定的チャンス!

圧倒的な数的優位、なんと4vs1

4対1だよ4対1!!

山が右に出せば秋葉、廣瀬がゴール正面とやや右で待っている状況で左の太田を選択。

この判断も微妙だったが・・・。(右に出したほうが可能性高かった。)

左の太田はワントラップして左足でファーサイドへグラウンダーのシュート。

キーパー辛うじて触ってゴールエリアを転々と。

ゴールラインを割る寸前で(横位置としてはゴールエリアとペナルティエリアの間くらい)廣瀬が追い付きマイナスにとても優しいグラウンダーの折り返し。

ドフリーの勝。ゴール前2mといったところか。

なんとまともに足に当たらずシュートミス。

このワンプレーで。。。

負けに等しい気分です。
Out!

ま、その前にキッチリ決めておけば余裕で勝てたと思うけど。。


失点シーンも直前のFK防いで一瞬の気の緩みがあったんじゃないかな。

ロングスローすらされて真ん中スカスカってあまりに集中力に欠けたシーンだった。


廣瀬は毎回今日くらいのプレーをしてくれたら良いけどね・・・。

今度こそ頼むよ。今度こそ。


得点シーンは完全に相手DFの対応がマズイ。

ウチにとって見るとラッキー。

とにかくツキだけがあるんだよ今のモンテは。

順位もツキによる部分が非常に大きい。

アウェイだし負けなくて良かったとか、勝ち点拾えたとか温い事言って油断してると直ぐにやられる。


最後の決定的チャンスをモノにできないモンテを見放さないでね、サッカーの神様。。


スケジュール&結果(第14節まで)

5月13日(日) J2 第 14 節 2 日目  ≪福岡 vs 山形≫  13:00キックオフ
主審:家本 政明/天候:曇のち晴/気温:24.7℃/入場者数:4040人

■スタメン
GK 1 清水 健太
DF 2 小林 亮
DF 4 西河 翔吾
DF 3 石井 秀典
DF13 石川 竜也
MF 8 船山 祐二
MF15 宮阪 政樹
MF 7 宮沢 克行
FW30 山崎 雅人
FW19 秋葉 勝
FW 9 中島 裕希

■リザーブ
GK16 中村 隼
DF 5 前田 和哉
DF 6 山田 拓巳
DF14 宮本 卓也
MF17 廣瀬 智靖
MF11 北村 知隆
FW28 太田 徹郎

■得点
前半18分 秋葉 勝
後半08分 城後 寿

■警告(モンテのみ)
None

■交代(モンテのみ)
後半22分 宮沢 克行 → 太田 徹郎
後半34分 中島 裕希 → 廣瀬 智靖

アビスパ福岡 1 (試合終了) 1 モンテディオ山形
0 前半 1
1 後半 0
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK -
10 シュート数 12
3 コーナーキック数 4
18 フリーキック数 17
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| リーグ戦 | 17:28 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

福岡戦のフォーメーションはどうなるか

さて福岡戦である。(5.13(日) 13:00~ レベスタ)

昨年は、アウェイで勝&ハセで快勝したものの、ホームは夢スコアで完敗、からの・・・メインイベントは「囲みの会」であった。

今節は萬代がカード累積でお休み。

直近の8戦無敗固定メンバーに必ず変更が入るのだ。

山形ピンチに太田「3トップ」“逆指名”(日刊)
 9日の練習後、奥野監督は「さっきバン(万代)に『もしかして出場停止?』と尋ねて知った。今週の様子を見て考えたい」と緊急事態には感じていないものの、選択肢は模索中。「4-3-3」でいくか、今季初めて「4-4-2」と敷くか。試合まで残り3日のトレーニングで答えを出す。

奥野さんは萬代出場停止を昨日まで知らなかった・・・らしいが、そんなわけないはず。はぐらかし作戦ですよねですよね。

並びはいじらず4-3-3か、変えて4-4-2か、はやまた中盤厚めに4-2-3-1とか。

考えてみると、何気に今季のモンテはバリエーション豊富だ。。。というか、机上では豊富に組める。。そりゃ当たり前か。まあいい・・・。

① 4-3-3
① 4-3-3


② 4-3-3
② 4-3-3


③ 4-3-3
③ 4-3-3


④ 4-3-3
④ 4-3-3


⑤ 4-2-2
⑤ 4-2-2


⑥ 4-2-2
⑥ 4-2-2


⑦ 4-2-2
⑦ 4-2-2


⑧ 4-2-2
⑧ 4-2-2


⑨ 4-2-3-1
⑨ 4-2-3-1


⑩ 4-2-3-1
⑩ 4-2-3-1


⑪ 4-2-3-1
⑪ 4-2-3-1


⑫ 4-2-3-1
⑫ 4-2-3-1


⑬ 4-2-3-1
⑬ 4-2-3-1


⑭ 4-2-3-1
⑭ 4-2-3-1


当然組合せはコレだけではないが、間違い探しかよ!状態である。

そんな感じにもなってしまったが、この際どれでも良い。

「か、勝った!内容もいいよ!いいよおお!より良いバリエーションが見つかったじゃないかあああ!」

そんな展開カモン。
matsuki
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 23:45 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

サッカーマガジンの山形特集、チラッとこんな感じ

首位ってことで、地元紙やら地元ニュースやら、各方面舞い上がってますなあ(ように見える)

舞い上がりついでに本日のサッカーマガジンの特集の按配を雰囲気だけ。

「サッカーマガジン」です。「マガジン」見えませんけど。
仙台という表紙も、なかなかの抵抗感。
magazine01

しかーし、ちゃんと特集。
J2にしたら立派立派。
magazine02


「フルモデルチェンジ」なんつー懐かしい文言や、
(月山山形とかありましたなあ)

「ブルー"ReBORN"軍」なんつー、ドラゴンボールを思わせる文言で、
(ドラゴンボールはレッドリボン軍だけど)

個人的にはセンスの悪さを感じたものの、
(ま、こうやってキッチリ踊らされてますが^^;)

ちゃんと今年の山形がどう生まれ変わったのか(ReBORN)、特集でありますよ。
magazine03


そして宮阪インタビュー。
この次の見開き2ページまで宮阪。
magazine04


で、満面の笑みのこの2人。良い写真!
この次の見開き2ページで彼らなりに小林山形と奥野山形比較しつつ、分析対談と。
magazine05


敢えて詳細は書かないけど、買いですかね買い。
過去を引き継ぎつつ良い流れに進んでいるのかもしれないな、そんな風に感じる内容でありますがな。


どーれ、

いつまでも舞い上がってると、足元すくわれまっせ~。

コレ読み終わったら気を引き締めよう。

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| 記事etc... | 22:57 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

第13節 ザスパ草津戦 HOME

勝てば官軍!

ということでよろしいでしょうか・・・。

イタリアか!いや、

鹿島か!いや、、

モンテです。。

したたかに勝つ!前者のような大それたものではありませんが、J2版、そんな感じです。。


試合は船山君の右足!一閃?で決まりました。

やや、というか完全に事故ではありますが、

「シュート打たなきゃ点は入らない!」

このことを再認識させてくれる決勝点でした。

ナイスゴール船山。

今度は利き足の左足で凄いの見せてください。切り裂くやつを。


さて、勝ったのは良いですが。。。

皆さんはあれで満足ですか?

連戦とはいえ。。内容がない。

回して回して、、石川から縦ポン。相手DFのミス待ち。そんな感じであります。

思い通りにプレーできない萬代君はイライラ。どのプレーで貰ったの?のイエロー(4枚目)で次節有休。

次節は福岡戦なので、クレバーにやってほしかったところ・・・かもしれませんが、僕は前向きに、4-4-2に変えて更なるモンテが見れるのではないかと期待しています。

最近中盤で全然ゲームを作れないのは、疲れもあるでしょうが、絶対的に人数が足りていない。

萬代の有給休暇が、更なるモンテの可能性を見出してくれるのではないか・・・そんな期待に胸膨らませて1週間をすごしたいと思います。。
※萬代君が悪いとは言っていませんのであしからず。組み合わせ変えたらもっと良くなるんじゃない?と思ってます。


そのために、4-4-2カモン!

化学反応カモン!

スケジュール&結果(第13節まで)

5月6日(日) J2 第 13 節 1 日目  ≪山形 vs 草津≫  18:30キックオフ
主審:大西 弘幸/天候:曇/気温:13.6℃/入場者数:7102人

■スタメン
GK 1 清水 健太
DF 2 小林 亮
DF 4 西河 翔吾
DF 3 石井 秀典
DF13 石川 竜也
MF19 秋葉 勝
MF15 宮阪 政樹
MF 7 宮沢 克行
FW30 山崎 雅人
FW18 萬代 宏樹
FW 9 中島 裕希

■リザーブ
GK16 中村 隼
DF 5 前田 和哉
DF 6 山田 拓巳
DF14 宮本 卓也
MF 8 船山 祐二
MF17 廣瀬 智靖
FW28 太田 徹郎

■得点
後半3分 船山 祐二

■警告(モンテのみ)
前半28分 中島 裕希
後半33分 萬代 宏樹

■交代(モンテのみ)
ハーフタイム 宮沢 克行 → 船山 祐二
後半17分 小林 亮 → 宮本 卓也
後半47分 萬代 宏樹 → 前田 和哉

モンテディオ山形 1 (試合終了) 0 ザスパ草津
0 前半 0
1 後半 0
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK -
8 シュート数 8
3 コーナーキック数 3
20 フリーキック数 17
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| リーグ戦 | 22:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第12節 愛媛FC戦 HOME

①宮阪ピンポイントCK→石井ヘッドの明治ホットライン先制ゴール。

②勝からの縦パスに、昨シーズンまで山形なDF園田との駆け引きを上手く制して抜け出した山の冷静な2点目。

③トミッチのスルーにモンテ右サイド簡単に裏取られ、一度は防ぎ弾くもさらに打たれ、ゴールライン上で石井が間一髪クリアーも山に当たってオウンゴール気味で1点差。

④石川が余計な切り替えし、相手に引っ掛けられ抜け出されフリーでセンタリングを中央で合わされ同点ゴール献上。


Homeで2点リードし折り返しながら、ミス絡みで追い付かれ痛恨ドロー。

失点シーン以外でも、1失点直後のモンテ右サイドからのクロスを中央で合わされシュートミスに助けられたシーンや、ミドルシュートをシミケン横っ飛び、間一髪左手でセーブのシーンを考えると、

悲しいかな、「よく負けなかった」

である。

ハッキリ言って、愛媛のほうが良いサッカーを展開していたと思う。


前半はこれでもかという中盤省略、裏へロングボール一辺倒。

「だからピッチ濡れてんだってば!」と言いたくなる位、修正なしにゴールラインを割ってた。

ああ、これも連戦の疲れや天候を考え、とにかく簡単に、中盤でのミスを嫌っての割り切り作戦かもな、と受け取ってましたよ。

そんな中、上手く2点も取れたんだけどねえ。

後半は明らかに足が止まったし、心理面が大いに顔をのぞかせたね。

逃げ切りを図りたいモンテは、前半のシンプルなサッカーを捨て、とにかくマイボールの時間を増やそうと繋いできた。

がしかし、足が止まってパスコースもなくなり、中盤で奪われる回数が増えていく。だんだんと押し込まれ、あれよあれよと失点。

途中交代で投入された選手は何をしたかったのかまったく伝わってこなかったし、

うーむ

である。

点を取りに行かなければならない状況にもかかわらず、どっちがホームなんだ?と疑いたくなるほどの終盤の押し込まれっぷり。

今日の選手交代にはどういう意図があったんですか奥野監督、

である。

やられてからなのかもしれませんが、、、奥の手期待してますよ。


しかしまあ、あそこで切り返しちゃあかんだろ!石川君。

シンプルに、セーフティーにやる場面だよ。場所も状況も。

ボールじゃなくて心理面切り替えて次絶対勝て。


スケジュール&結果(第12節まで)


5月3日(木) J2 第 12 節 1 日目  ≪山形 vs 愛媛≫  13:00キックオフ
主審:榎本 一慶/天候:雨/気温:17.3℃/入場者数:7002人

■スタメン
GK 1 清水 健太
DF 2 小林 亮
DF 4 西河 翔吾
DF 3 石井 秀典
DF13 石川 竜也
MF19 秋葉 勝
MF15 宮阪 政樹
MF 7 宮沢 克行
FW30 山崎 雅人
FW18 萬代 宏樹
FW 9 中島 裕希

■リザーブ
GK16 中村 隼
DF 5 前田 和哉
DF 6 山田 拓巳
DF14 宮本 卓也
MF 8 船山 祐二
MF17 廣瀬 智靖
FW28 太田 徹郎

■得点
前半36分 石井 秀典
前半44分 山崎 雅人
後半26分 有田 光希
後半35分 石井 謙伍

■警告(モンテのみ)
前半46分 萬代 宏樹

■交代(モンテのみ)
後半14分 宮沢 克行 → 船山 祐二
後半27分 萬代 宏樹 → 廣瀬 智靖
後半27分 小林 亮 → 山田 拓巳

モンテディオ山形 2 (試合終了) 2 愛媛FC
2 前半 0
0 後半 2
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK -
11 シュート数 14
6 コーナーキック数 7
18 フリーキック数 18
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| リーグ戦 | 16:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第11節 東京ヴェルディ戦 AWAY

現地観戦を経て、録画観戦後、なうです。
20120430_verdy01


解説から伝わってくる、山本昌邦氏のモンテ好きな「メンタリティー」、半端ないです。
yamamono_san

勝利後に観戦すると笑いさえ覚えます。

石川の紹介でワールドユースの記憶を引っ張り出し、あの時の決勝スペイン戦にはシャビもいたんだ!ですwww

時間少ないコーナーキックのタイミングで、です。

最高です。


そんな山本さん情報によれば、モンテはリーグトップのタックル数だとか。

タックルというと若干ダーティーなイメージだけど、要は玉際を厳しくいけてる、ということとのことで、昭和生まれの精神論世代な私にはたまりませんわな。

「玉際が強い」

基本です。戦えないとね。

今日は効果的な、クリーンな玉際の強さが目立ってました。

山本さんもそんなシーンに唸りまくりです。


決定機では断然ヴェルディ。

そこを粘り強いディフェンスで防ぎ、
2011スローガン

前半40分でようやくファーストシュートな、勝のミドルから得たCK。宮阪だけじゃないで!石川の高精度クロスに萬代!の肩!!これで先制であります。

まさにワンチャンス。サッカーとはわからないものです。

GWのスケジュールを踏まえた省エネサッカー。そうにちがいありません。。


後半も序盤はヴェルディ。負けてることもあり押し込んできました。

開始15分間耐えろ!と祈りつつ、ドキドキの展開。

何とか耐えて、24分の中島ゴール。シミケンからのFKを萬代被り気味(笑)、後ろに空いたスペースに中島!腰のキレ半端ないダイレクトシュートで追加点!!

決定力あるじゃない!勝負ありです。

マンデー、セレクション!
Monday selection

そんなゴールでした。


その後は押せ押せ。笑っちゃうくらいの押せ押せ。わかり安すぎですモンテイレブン(笑)

追加点こそ決めれなかったものの、山本さんの言うところの、J1を経験している屈強なCB、DF陣が無難にクロージングですw

連戦で選手は疲れているでしょうが、チームの雰囲気は最高でしょうね。

終了間際のモンテベンチ前、サブの選手が今か今かと試合終了を待って、もう今にも優勝決定の瞬間を待つようなスタンバイ、チームの雰囲気のよさを感じました。中島のゴール後のベンチへゴーからもね。

今のうちにガンガン勝ち点稼いでしまいましょう。

大きい1勝でした。

20120430_verdy02

20120430_verdy03

20120430_verdy04

20120430_verdy05

スケジュール&結果(第11節まで)

4月30日(月) J2 第 11 節 1 日目  ≪東京V vs 山形≫  17:00キックオフ
主審:高山 啓義/天候:曇/気温:21.6℃/入場者数:6114人

■スタメン
GK 1 清水 健太
DF 2 小林 亮
DF 4 西河 翔吾
DF 3 石井 秀典
DF13 石川 竜也
MF19 秋葉 勝
MF15 宮阪 政樹
MF 7 宮沢 克行
FW30 山崎 雅人
FW18 萬代 宏樹
FW 9 中島 裕希

■リザーブ
GK16 中村 隼
DF 5 前田 和哉
DF 6 山田 拓巳
DF14 宮本 卓也
MF 8 船山 祐二
MF17 廣瀬 智靖
FW28 太田 徹郎

■得点
前半41分 萬代 宏樹
後半24分 中島 裕希

■警告(モンテのみ)
前半18分 宮阪 政樹
前半19分 山崎 雅人

■交代(モンテのみ)
ハーフタイム 宮沢 克行 → 船山 祐二

東京ヴェルディ 0 (試合終了) 2 モンテディオ山形
0 前半 1
0 後半 1
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK -
16 シュート数 5
6 コーナーキック数 5
13 フリーキック数 14
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ

| リーグ戦 | 00:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。